ヨロコビ、はこぶ。×シアワセ、ふえる。株式会社ホームロジスティクスの公式サイトです。

パートナー紹介

2015年6月に、故今西前社長に取材を行わせていただきました。

アートバンライン株式会社 様

所在地 大阪府茨木市島3-5-48
資本金 5,000万円
業種 一般貨物自動車運送事業
貨物軽自動車運送事業
貨物運送取扱事業
倉庫業
ホームページ https://www.artvanlines.co.jp/
回答者 (2015年)
アートバンライン株式会社 前代表取締役社長 今西 和雄様
(2018年)
アートコーポレーション株式会社 代表取締役会長 寺田 寿男様
アートバンライン株式会社 代表取締役社長 木谷 誠二様
今西社長、この度はお時間をいただきありがとうございます。いつも御社の安全で高品質な配送技術に助けられています!そもそも、どのような経緯でホームロジとパートナー契約を結んでいただいたのでしょうか。
実は20年ほど前にね、お付き合いのあったとある輸入家具屋さんが、日本から撤退することになったんです。それで次の仕事を探してたらちょうど、ホームロジさんから旧習志野配送センター(現市川営業所)の業務委託の話が舞い込んできたんです。それまでスポット的なお付き合いもありましたから、何の迷いも無かったですね。
そのような経緯があったのですね。やはり引越しがグループの主な事業とあって、大型商品には自信がおありということですね。

もちろんです。特にうちの2マン配送には、グループに流れる引越しのDNA、つまり“お宅に上がって行なうサービス”を得意とする人材がたくさんいますから。技術の部分はもちろん、“一人ひとり異なるお客様にどうやってご満足いただくか”という部分の教育には、かなりの時間を割いてます。

ホームロジもその技術・ノウハウに本当にお世話になっております。実際のお取引を通して、何か御社に良い効果はありましたか?
うちでは、セールスアシストとして学生さんや若い方のアルバイトをお願いしてます。ホームロジさんに安定した荷物があることで、彼らの雇用の機会が増えて、結果としてアルバイトで入った若い人材がそのままうちに入社するというケースが増えましたね。グループに流れるDNAのおかげで、2マン配送みたいな特にデリケートな分野にいながら、「仕事が楽しい」と口にする従業員がほんまに多いんですよ。業界全体の人材不足をよそ目に、お互いにとってなかなか良い循環が出来ていると感じてます。
今西前社長は、2017年7月6日にご逝去されました。
本取材に快くご対応いただいた日を懐かしむとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。
そして改めて、2018年7月に、アートコーポレーション寺田会長、アートバンライン木谷社長へお話しを伺ってまいりました。
お忙しい中、お時間いただきありがとうございます。おふたりにお目にかかれることを本当に楽しみにしておりました!
まずは、木谷社長。昨今の物流業界の現状をふまえて、今後どのようなビジネスを展開されていきたいとお考えでしょうか。
現在ホームロジさんの宅配事業のようなBtoCのお仕事以外にも、さまざまな企業様からBtoBのお仕事をいただいています。どのお客様のお悩みを聞いても、「派遣のスタッフが足りない・・・」というような人手不足を嘆く声がやっぱり多いですね・・。なので、今後はトラックだけでなく、派遣スタッフなど「人手の供給」もできるよう、ビジネス展開していきたいと考えています。
やはり「人手確保」は物流業界の重要な課題のひとつですね。

そうですね。また、弊社には女性スタッフが66名(全体の8%)勤務してくれているんです。その内、女性ドライバーは6名います。その方たちが働きやすい環境を作るために、女性が運べない重たい荷物はないか、長時間労働が継続することはないか、など、体力面で無理がないよう配慮しています。「女性が働きやすい職場」改善を行うことでも、人手確保や人材の定着につなげています。

貴重なお話しありがとうございます。続いて、寺田会長にもお話し伺いたいと思います。
今年で、当時の寺田運輸さん創業より50周年だと伺いました。
そうなんですよ。創業だけでなくて、アートコーポレーション社長で妻の千代乃とも、今年で結婚50周年になるんですよ。寺田運輸の創業は、ハネムーンの直後に行ったもんですから。
素敵ですね!!従業員の方々へ、どのように感謝の気持ちを伝えてらっしゃるのでしょうか。

今やアートコーポレーションの従業員数は約3,000人になりましたがね、1,000人規模のときは、全員でハワイやグアムへ慰安旅行に連れていったりしてたんですよ。その他にも、半期の売上げを達成したセクションには還元金をあげたりもしてます。やっぱり働いてくれている社員たちのモチベーションアップにつながる取り組みは大事やからね。社員ががんばってあげてくれた利益を、彼ら彼女らに還元したいと思ってます。

従業員の方々のことを常に考えられているのですね・・・!
最後に、今後の更なる発展のために、ホームロジに期待することを教えてください。
今後も、ホームロジさんには、2マン配送業界のリーディングカンパニーとして第一線を走り続けていただきたいですね。先ほど「物流業界の人手不足」に関する話題が出ましたが、例えば2マンだけでなく1マン配送のチャネルを充実させるなど、私たち配送業者が作業しやすい環境づくりをぜひ、継続して行っていただきたいと思っています!

貴重なご意見ありがとうございます!
木谷社長、寺田会長、熱い想いをお聞かせいただきありがとうございました!